復活横浜銘菓「ありあけのハーバー」。ありあけは、夢のある横浜のお菓子つくりに挑戦します。

ホーム > 採用情報 > 先輩社員の声

採用情報

採用情報

ありあけを支える人材紹介

営業部 小関健一朗 管理部 小林ちづる 販売部 森辰悟 販売部 新山理子
ベーカリー事業部 中尾龍也 販売部 中野奈津子    


Q仕事内容をわかりやすく教えてください。

百貨店全般と駅担当の営業をしています。新商品のご案内や、季節ごとの企画のご案内、普段お取引のないお店で催事を開催する場合のご案内をメインとして動いています。

Q仕事がおもしろい!と感じるのはどんな時ですか?

提案した商品や企画がお客様に喜ばれ、良い数字がついてきた時です。また、お取引先様に顔を覚えていただけるのはいつになっても嬉しく、やりがいの1つです。

Q休日はどのように過ごしていますか?

趣味の1つとしてテニスをしています。中学時代からやっていたのですが、最近になってもう一度ちゃんとやってみようと思いスクールに通っています。

Q5年後の自分像を教えてください。

今は色々な面において「自分」の事で必死な所があります。自分のことに限らず、周りの先輩や同僚のことを考え、大切にできる自分を目指したいです。

Q仕事内容をわかりやすく教えてください。

ありあけにおける経理業務を担当しています。直営店舗やスーパー、デパート等の卸売の売上管理を主に、会社全体の費用と収益を集計し、運営をサポートしています。

Q仕事のやりがいと難しさは何ですか?

毎月の収支をより早く集計して経営に役立ててるために、お店、取引先、他部署、色々な方との連携を大切に、スピード感を持って処理をしていかなければいけません。そこが難しいところであり、やりがいです。

Q後輩へのメッセージ

経理の仕事と言っても単に電卓を叩いているだけではなく、多くの方とコミュニケーションを持つことが重要になります。是非様々な方との関わりを大切に、信頼関係を築いていってください。

Q仕事内容をわかりやすく教えてください。

直営店舖の営業及び店舗スタッフのサポート・指導や、お取引先様へ商品の提案などをしています。また店舗スタッフとともに良い店作り(接客や陳列など)を常に考えています。

Q日ごろから心がけていることは何ですか?

頻繁に店を巡回し自分から挨拶をすることです。店舗スタッフやお取引先様とコミュニケーションを取るためにとても大切なことだからです。その成果が店舗スタッフにとって一番話しやすい相談相手であると自負しています。

Q仕事で嬉しかったことを教えてください。

店長だった頃、いつかはSVになってよりよい直営店舗を作りたいと夢見ていました。2015年からSVに就き、店舗スタッフから私がいて良かったと言ってもらえたことが最も嬉しいです。

Q後輩へのメッセージ

仕事では大きな壁が何枚も立ちはだかります。ありあけにはその壁を超えるために協力してくれる大切な仲間がたくさんいますよ!

Q仕事内容をわかりやすく教えてください。

店頭に立ち、販売や店舗運営のマネジメントを行います。試食や会話を通してお客様とふれあうことのできる唯一の場です。アルバイトさんとコミュニケーションをとりながら、また来たくなる店づくりをしています。

Q日ごろから心がけていることは何ですか?

お客様に喜んでいただき、笑顔で帰っていただくことを心がけています。“モノ”ではなく“コト”を売るをモットーに、短い接客の時間の中でも、またこのお店に来たいと思えるような楽しい時間を提供したいと考えます。

Q仕事で嬉しかったことを教えてください。

常連のお客様のお子様が、来店の度に「新山さんこんにちは~!」と私を探してくれるようになったことです。自分を覚えてもらえた時が、接客業をやっていて最高に嬉しい瞬間です。

Q仕事内容をわかりやすく教えてください。

パンの製造及び販売です。パンの製造は大まかに分けると3工程あり、私は、その中で麺台を任されています。麺台とは、パンの生地を機械で成形し、発酵室に入れるまでのことを言います。

Q仕事のやりがいと難しさは何ですか?

お客様に美味しいと言って貰えた時や自分の思い通りに成形出来た時にやりがいを感じます。また、毎日同じ品質のパンを作らないといけないことが難しいです。パン生地は温度が少しでも異なると良い製品にならず、売り物にならないからです。

Q5年後の自分像を教えてください。

先輩や後輩から頼られる存在になり、今よりもっとお客様に感動を与えられるお店創りを行っていきたいです。

Q仕事内容をわかりやすく教えてください。

お客様との対話を通し、商品のご提案をする接客業務です。お客様の笑顔を間近で見ることの出来る大切な仕事です。

Q仕事が面白い!と感じるのはどんな時ですか?

商品の並べ方やお声がけの言葉が少し違うだけで、商品の動きや売り上げが変わります。日々の発見や変化が、販売の楽しさの一つです。

Q子育てと仕事の両立について聞かせてください。

忙しくなる夕方に退勤し、保育園が休みの土日祝日に休みをいただいていますが、「子育て頑張って!」と温かく応援してくれる自店のスタッフには頭が上がりません。仕事と子育ての両立は自分自身の力だけではできないことも多いですが、仲間に支えられていることに日々感謝しています。

ページの先頭に戻る